二人暮らしのベッド・布団の選び方 寝室の広さとサイズで選ぶ!

生活の基本のひとつ「睡眠」

快適な睡眠のためには環境が大切です。

新しく二人暮らしを始めるにあたってのベッド・布団の選び方について解説します。

ベッドにするか、布団にするか、そしてベッドならサイズは何を選べばいいのか、そんな疑問を解決しましょう!

まずは前提としてベッド・布団のサイズの種類を覚えておきましょう。

シングル :幅97センチ
セミダブル:幅120センチ
ダブル  :幅140センチ
クイーン :幅160センチ

基本的に1人用はシングルかセミダブル、2人用はセミダブルからクィーンです。

2人用の基本はダブルです。

ルームシェアなら1人用×2でいいのですが、同棲・新婚となると悩むところです。

二人暮らし ベッド派?布団派?

まずは布団にするかベッドにするかです。

まずベッドのメリット・デメリット
・日々の上げ下ろしの手間がない
・固定スペースをとる

布団のメリット・デメリット
・空間を広げられる
・日々の上げ下ろしが面倒

大きく分けて上げ下ろしとスペースの問題で選ぶのがいいでしょう。

どうしても悩むなら布団がおすすめ。

ベッド⇒布団に切り替えるのは処分が大変ですが、布団⇒ベッドなら布団は来客用にでも回せばいいですし、処分もベッドほど大変ではありません。

最近はベッド派の方が多いようで、和室がある賃貸物件は不人気で家賃も下がる傾向にあります。

そこを逆手にとって和室物件+布団にすればちょっと節約に。

布団ならシングル2枚をならべて使いましょう。

二人暮らしのベッドの選び方 寝室の広さとサイズで選ぶ

ベッドにする場合はサイズが悩みどころですね。

おすすめは「ダブル」または「シングル×2」

一人暮らしをしていてセミダブルのベッドがすでにあるのでなければ、新しく二人で眠る用のセミダブルベッドの購入はおすすめできません。

密着して眠ることになるので寝返りをうつスペースがありません。

寝室が6畳あれば充分にダブルベッドを置くスペースがあります。

振動で置きやすい方には「シングルベッド×2」がおすすめです。

シングルベッドをならべて使う方法です。

寝室の広さは8畳以上ないと難しいですね。

8畳以上あればクイーンサイズも置くことが出来ます。

二人暮らしのベッド・布団の選び方 まとめ

・上げ下ろしが面倒ならベッド

・和室がある物件は家賃が安いこともあるので布団にすれば節約になるかも

・ベッドルームが6畳ならダブル

・8畳ならシングル×2やクイーンも置くことが出来る

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ