二人暮らしの部屋探しのコツ!設備、場所のポイント ベストな時期は?

二人暮らしの部屋探し、間取りについては以前紹介しましたが、今回はその他の面から部屋探しのコツをお届けします。

まずは絶対の前提条件「2人入居可」であることを確認して探しましょう。

どちらかが一人暮らししていた物件で同居・同棲する場合も確認して手続きする必要があります。

これを怠ると大家さんや管理会社から連絡が来て退去を求められることも。

1DKや1LDKでは単身のみというアパート、マンションもあるので要チェックポイントです。

二人暮らしの部屋探しのコツ 設備編

エアコン

初期費用を抑えるためにはエアコン付きの部屋を探すのがおすすめ。

少なくとも1部屋にはあるといいですね。

LDKのとなりに1部屋ある間取りの1LDKならリビングのエアコン1台でも扇風機をうまく使えばエアコンがない部屋まで冷やすことが出来ます。

完全に独立したタイプだとその部屋にもエアコンが必要になるのでお金がかかりますね。

キッチン

料理をするならキッチンは重要なポイントです。

コンロは2口以上、コンセントの数も4口以上あるといいですね。

冷蔵庫はどのくらいのサイズまで置くことが出来るかも要チェックポイントです。

バス・トイレ・洗面所

バス・トイレは分かれていたほうがいいです。

相手がお風呂に入っているときにトイレに入れない・・・なかなかストレスですよ。

ユニットバスでは洗面所が独立ではないので、朝の支度とトイレで奪い合いになることも。

お風呂は追い炊き機能付きがおすすめです。

洗濯機を置く洗面所からベランダへの動線も考えましょう。

メゾネットなどでベランダが2F、洗濯機は1Fとなると干しに行くのが大変です。

コンセント

各部屋にコンセントの差込口があることだけでなく、その位置と数も確認しましょう。

テレビやパソコンを置きたい位置にコンセントがないと配線が大変です。

内覧の際は家電の位置も考えて見るようにしましょう。

インターネット環境

いまや生活にかかせないインターネット。

古い建物では未だにひかりに対応していない、なんてことも。

駐車場

地方の場合、駐車場が二台必要になることも。

かならず、並列か縦列かを確認しましょう。

縦列駐車は後ろの車を出すときに、前の車を動かさなければならないので不便です。

ゴミ捨て場

実はかなり大切なポイントがこのゴミ捨て場。

敷地内にあるとかなり便利です。

24時間出せればなおよし。

今まで住んでいた地域と違う地域に住むときにはゴミ出しルールも確認しましょう。

分別が細かい地域は大変です。

二人暮らしの部屋探しのコツ 場所編

共働きの場合、二人の職場からの距離も重要です。

帰宅時間や家事の分担から相談して決めましょう。

帰宅時間がほぼ同じなら、夕飯を作るほうの近くに住むといいですよ。

新婚カップルならお互いの実家からの距離も重要です。

子供が生まれたら、女性の実家から近いほうが何かと便利です。

二人暮らしの部屋探し ベストな時期は?

よりいい部屋・物件にめぐり合いたいなら部屋探しをする時期も大切です。

新築物件を狙うなら1月・2月・3月と、9月・10月がおすすめ。

4月・10月の異動シーズン、入学シーズンに合わせて新しい物件が出てきます。

シングル向けでも人気の1DK、1LDKを狙うなら1~2月がベスト。

大学生の受験シーズンが終わって入学先が決まると大学がある地域はすぐに埋まってしまいます。

早めに動き出しましょう。

新築にこだわらないなら、引越しシーズンが終わったあとの空き物件狙いもおすすめです。

3月・4月・5月、9月・10月・11月にはファミリー向け物件の空き情報が増えます。

2DK以上で探しているならこの時期に探してみると築浅物件が見つかるかも?

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ