二人暮らしの固定電話の必要性 結婚・子供・新築などのタイミングで設置!

一人一台携帯電話を持っている時代、固定電話を用意するかお悩みの方が多いようです。

連絡を取るのには携帯電話で充分だし固定電話の必要性って何?という方に、固定電話設置のメリットと設置したいタイミングについてお届けします。

ルームシェア・新婚カップル・同棲のころは不要かもしれません。

子供が幼稚園・保育園に入るころまでには設置したいですね。

二人暮らしの固定電話の必要性

携帯電話と違い、個人ではなく「家庭」への連絡手段となる固定電話。

個人同士の二人暮らしのときには不要かもしれませんが「家庭」としてみられるころには用意したいですね。

子供関係の連絡が発生するころに必要性を感じる方が多いようです。

他人同士のルームシェアや同棲時には個人宛ではない二人宛の連絡が来ることはあまりないので設置の必要性はあまり感じられませんね。

固定電話設置のメリット

かつてはインターネット接続には必須の電話回線でしたが、光回線の普及で必須ではなくなりました。

通話料金のメリットも今は携帯電話の通話料も安くなっていますしあまりないのかもしれません。

それでも設置するメリットとは何か調べてみました。

社会的信用を得られる

一番多く挙げられていた理由が「社会的信用」でした。

契約しやすい携帯電話よりも固定電話の方が信頼性が高いと考えられているようです。

対外的に必要ということですね。

災害時につながりやすい

災害時の連絡では固定電話がつながりやすかったという話をよく聞きました。

二つ以上の連絡手段があるというのは代替手段の確保という点で備えになりますね。

地域・子供関係の連絡網への登録

自治会や幼稚園などの連絡網には個人の携帯電話よりも固定電話の方が登録しやすいという方が多いようです。

また、かける側もあまり親しくない相手の携帯電話にはかけ辛いようです。

二人暮らしの固定電話 契約のタイミング

結婚のタイミングで設置

結婚して新しい家庭を築くタイミングで固定電話を設置する方も未だ少なくありません。

このタイミングで設置する方には世帯には固定電話があって当然という感覚の方が多いようです。

災害時などに便利なので代替手段として連絡方法を用意しておくのはいいですね。

子供が保育園・幼稚園に入るときに契約

子供関係の連絡は「家庭」への連絡です。

相手もかけやすいですしこのころには固定電話を設置したいですね。

連絡網では電話番号がズラッと並ぶので固定電話でないと恥ずかしい、という方もいらっしゃいました。

小学校に入るころには子供が電話を取ってみるのもいい教育になりますし、

子供同士の遊ぶ約束などで子供が電話をかけることも増えてきます。

新築などの高額ローン契約時の信頼のために準備

ローン契約時には固定電話の有無が信用に関わることもあるようです。

クレジットカードの契約時にもカードによっては必要なこともあります。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ