賃貸で二人暮らし 間取りの選び方 1DK・1LDK・2DK・2LDKがおすすめ!

初めての二人暮らし。

間取りも悩みどころのひとつですね。

二人の関係性・生活のスタイルを考えて選びましょう。

カップル・新婚なら1DK~、兄弟や他人のルームシェアなら2DK以上

カップル・新婚なら1DK・1LDK~2LDK、兄弟や他人のルームシェアなら2DKか2LDKで探しましょう。

1Kだと逃げ場がないので人を呼ぶにも喧嘩をしたときにもつらいです。

お互いが一人になれるスペースを確保しておくと二人暮らしがうまく行きやすいですよ。

兄弟や友人同士でのルームシェアなら各自の部屋が確保できる2DK以上がおすすめです。

ユニットバスは避けましょう。

バス・トイレが分かれていないと相手がお風呂中にトイレに行きにくいので生活しにくくなります。

新生活の始まりはお金がかかるのでエアコン付きの部屋がおすすめです。

カップル・新婚でも生活スタイルによっては2DK以上を!

相手と生活の時間帯は合っていますか?

起床時間・就寝時間が合わない場合は寝室を分けられる2DK以上がおすすめです。

特に睡眠時に起きやすい方は2DK以上を選びましょう。

授かり婚の方や早めの出産を予定している場合は3DK~3LDKを検討してもいいですね。

2DK・2LDKでも収納が多い部屋を探しておくと将来子供の荷物の片付けが楽になります。

荷物の多さも重要です。

服が多い、本が多いなどお互いの荷物の量を考えて収納・間取りを検討してみてください。

趣味も間取り選びには重要!

どちらかがゲームが趣味!という場合は、DKまたはLDKにメイン1台、寝室など個室に1台、テレビを置ける間取りを選びましょう。

テレビが1台だと一人がテレビを見ているとゲームが出来ません。

※筆者は1DKの二人暮らしのとき、寝室にテレビを置くスペースがなく、これがストレスでした・・・

一人でギターを弾きたい、本を静かに読みたい、など趣味も考慮して間取りを選びましょう。

賃貸で二人暮らし 間取りの選び方 まとめ

・カップルでも1DK以上 ワンルームは逃げ場がないので避ける

・新婚カップルなら子供の予定を考えて広めの間取りも検討する

・兄弟での同居やルームシェアなら2DKか2LDK

・ユニットバスは避ける

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ